« 助けられるということ | トップページ | わかってもらう前提 »

「調節」

 ある学習会の資料をつくりました。
ふと、思いついたフレーズ。
「発達を支えることは関係を支えるということ」
よく考えたらこれに尽きるのです。
特に初期関係を支えることの重要さを思います。

 そんな中で関係を基盤にして「調節」をどう支えるかという視
点で支援を考える方法もあるかなと思っています。

自己コントロールが難しいこどもたち。
・感情(情動)のコントロールが難しい。
・要求のコントロールが難しい。
・行動のコントロールが難しい。
関係について言えば、ここに「相手とのかかわりのある場面で」
「参加場面で」というフレーズをつければ説明をすることができま
す。

「調節」はあるものをコントロールするというまなざしだと思うので
す。
新しい力の獲得や、行動問題の修正や環境の調整という視点と
ともにあるものをコントロールするという観点は重要と思います。

よく考えたら、「発達」は「可能性としてのあるもの」を対象にし
ています。
調節との親和性が高いのかもしれません。

ちょっと具体性には欠けますが、思いついたことです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 助けられるということ | トップページ | わかってもらう前提 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/46757127

この記事へのトラックバック一覧です: 「調節」:

« 助けられるということ | トップページ | わかってもらう前提 »