« 眠りをみつめる-睡眠障害 | トップページ | インクルーシブ »

「もうやってます!」

 ある地域のケース会議でのひとこま。
どうもケース提出者の顔が腑に落ちていないので帰り際に声
かけると…

「今日提案されたことはもうやっていてうまくいかなかったんです。」
「この個は障害をもっているのでしょうか?」
「担任ひとりじゃ無理」
とおきまりのコースが出てきました。

日中はそこそこまわっていますが、家庭との対比が大きく家庭
で過ごしにくいようです。
家族は困り感は強いが実行力はまるでありません。
家族性の困難もあって。
「昼間の薬をよるまで効かせろ!」みたいな支援が求められてい
ます。
まあ、困難事例ですね。

支援が支援者の手の中に入っていない。

ちょっとやりとりはざわつきましたが、やりとりしました。
・方法の善し悪しでなく、取り組みの甘さやステップに問題あり。
・障害あるかもしれないけれど、診断容易につかない。
診断つけて通級や特別支援学級という方向性は都合良すぎる。
・定着や自立をターゲットにしては無理。
よき時間の創造からはじまる。
要求水準が高すぎる。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 眠りをみつめる-睡眠障害 | トップページ | インクルーシブ »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/46995623

この記事へのトラックバック一覧です: 「もうやってます!」:

« 眠りをみつめる-睡眠障害 | トップページ | インクルーシブ »