« うまくいっている、次は? | トップページ | おっちょこちょいで、あわてんぼう »

支援目標になりにくい項目

 新人さんがプランをつくってみせてくれました。
じっくり見ていて思ったのは、どうにかしたいけれど支援項目
にはなりにくいものもあるなということ。

ひとつには…
・お行儀よくする。
 ちょっと浮かれ気味、のぼせ気味の個です。
みんなといるとふざけちゃう。
これお行儀よくする、ふざけないは支援目標にはなりにくい。
立てるんだったら、○○の際に集中して取り組むことができる
か何かの項目で集中できる環境つくることが手立てにでもなる
のかもれしませんが、なかなかそれも。
ちょっと難しい。

・スピーチの明瞭度をあげる。
 これってSTさんや言葉の先生以外は手を出すべきではない
と思うのです。
スピーチのトレーニングはテクニカルなもの。
それなのに、案外、いいなおしやたくさん話す、早口言葉みたい
なもので修正しようとするむきがなくならない。
それによくみてると、明瞭度よりやりとりの中身や関係性が課題
になっていることが多い。
知的、発達的な問題を抱える個のスピーチの課題は脳の機能不
全による口腔機能の不全であるというのは間違いない。
トレーニングの適応がないとはいいませんが、誤学習も多いの
だから簡単に手を出すべきではないだろうなと思います。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« うまくいっている、次は? | トップページ | おっちょこちょいで、あわてんぼう »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/47506261

この記事へのトラックバック一覧です: 支援目標になりにくい項目:

« うまくいっている、次は? | トップページ | おっちょこちょいで、あわてんぼう »