« 新しい年のはじまりに-通級指導教室のありかたー | トップページ | しっかり手伝う »

そもそも行き先が違う

 個別のプランつくりの講座をおえてプランの添削がまわって
きました。
プランをみて愕然…

・行動目標をたてよう。
・評価できる目標をたてよう。
・手立てを具体的に。

と講座で提示したことがまるで取り入れてないのです。

長期目標をみせてもらうと
・自分で〜する
・ひとりで〜する
・喜んで〜する

のオンパレード。

特に「喜んで〜する」ってなんでしょう?
拒否的な個、マイペースな個をターゲットにしているのはなんと
なくわかりますが、「喜んで」をどう評価するのか?
「喜んで」は価値の押し付けです。
あんまりです。

思ったのは、きっと発達の課題を持つこどもに対するこども観が
まだまだ個にそっていないのです。
特性が肯定されていないのです。

・できないことをできるように
・みんなと同じように
・ふつうにする
と思っているんじゃあるまいか?

トップダウンを押し付け過ぎていないか?
プランの作成が必要な時点で、スモールステップが必要で、ボト
ムアップ中心の行動形成が必要だと思うのです。
枠にはめるまなざしではなく、こどもと一緒に枠をつくっていくよう
な支援をしたいものです。

まだまだやることがあります。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 新しい年のはじまりに-通級指導教室のありかたー | トップページ | しっかり手伝う »

幼児期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/48822128

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも行き先が違う:

« 新しい年のはじまりに-通級指導教室のありかたー | トップページ | しっかり手伝う »