« 「誕生」 | トップページ | 不適切な養育を受けた子どもの治療的教育 »

「専門用語」拒否

今年度、保育むけに提供した研修の後、よく言われたのが
「専門用語が多くて…」

正直、その反応が意味不明なのです 。

言葉は説明して使っているので意味がわからんという発言が
わからんのです。

新しい考え方や言葉は頭に入りにくいものです。
でも、だからといってそれを使うこととわかりにくいとは関係は
ないのです。
異文化や新しい手立て、思考を難しいといって拒否するのは違う。

あんまり平易にすると伝わらなくなってしまうこともあります。

あわせることは必要だけれど、それはかなり重要だけれど、
限度があります。

個人の学びの態度の問題を提供側の問題にしないでほしい。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「誕生」 | トップページ | 不適切な養育を受けた子どもの治療的教育 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/49399877

この記事へのトラックバック一覧です: 「専門用語」拒否:

« 「誕生」 | トップページ | 不適切な養育を受けた子どもの治療的教育 »