« 不適切な養育を受けた子どもの治療的教育 | トップページ | 「自立」の呪縛 »

すくわれた眼差し

 我が社のこどもが通学している学校に面談に行ってきました。
その個の状態像はかなり良くなくて、学校にはだいぶご迷惑を
おかけしました。

その個に対する主事の先生のコメントに救われた気がしました。
「ほんとは頑張りたいんだよね。」

そう。
「がんばりたいけど頑張れない。」と本人も言っていました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 不適切な養育を受けた子どもの治療的教育 | トップページ | 「自立」の呪縛 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/50666335

この記事へのトラックバック一覧です: すくわれた眼差し:

« 不適切な養育を受けた子どもの治療的教育 | トップページ | 「自立」の呪縛 »