« ソーシャルスキルトレーニングを吟味 | トップページ | サポートスタッフの難しさ »

家族の反応

 「家族の反応が…」ということが学童のスタッフの悩みです。
楽しいことをしても、おこさんのキラメキを語っても、ノートを
書いても反応が弱く、共感的に子育てができないといいます。
この傾向は色々な地域で、長く続いています。

いろいろ考えています。
・学童にそんな期待していないのではないか?
・家族の機能が…
・長年の苦悩の中で、こどものきらめきに感動できなくなって
いる?
・家族が共感できる活動していないのでは?
でも、家族にわかりやすい見た目が派手な活動には???
・伝え方がよくないのでは?

けれども、大事なことはそれでも発信し、くったくたくこども達
につきあっていくことだと確認しています。
学童は発達支援の最前線ではありません。
いっけんすると、お預かりにみえてしまう。
そのことの構造は引き受けながらも、こどもたちとよき時間を
過ごす。
まずはそのことが大事なのだと思うのです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« ソーシャルスキルトレーニングを吟味 | トップページ | サポートスタッフの難しさ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/51673508

この記事へのトラックバック一覧です: 家族の反応:

« ソーシャルスキルトレーニングを吟味 | トップページ | サポートスタッフの難しさ »