« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

教頭先生のつぶやき

 会議が終わったあとある学校の教頭先生とお話をしました。

校内研修をやってくれないか?という中で、まだまだ教員の理
解が足りないというお嘆きでした。
感覚のある先生はクラスに何人かいる特性のあるこどもたち
をうまく巻き込むことをしているのだけれども…校内全体とし
ては課題が多いのだというのです。

この学校この地域のセンターみたいな学校で、資源が一杯あ
ります。
そのことがクラスからの阻害につながっていないだろうか?
そんなことも思いました。

この教頭先生、教委で特別支援教育の推進や就学指導に濃く
携わってこられたのです。
だからこそ、見える景色と嘆きだと感じました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »