« 「合理的配慮」の実践 | トップページ | 相談のポイント »

保育園での研修のゆくさき

 ある保育園の研修のお手伝いが数年になりました。
この月末にも予定されています。
あたらしいコンセプトではじまったこの園の研修の取り組みは
興味深いものがあります。
支援の発達段階とでもいえるものです。

・発達障害の理解からはじまり
・ユニバーサルデザインに根ざした保育研究が土台になり
・リソースプログラムの模索も出てきて
・発達のおさえが必要になってきて
・教材研究と環境調整に目が向き…

今年は研修そのものの工夫や保育の展開に焦点を当てたい
ときいています。
去年、ちょっと提案した「認知」へのアプローチはどうなっただ
ろうか?と楽しみにしています。

児童発達支援センターと保育が密着した支援が我々の地域
では広がりつつありますが、保育研究としてはきっと先駆的で
群を抜いているのだろうなと思います。

がんばってほしい。
地域をかえてほしい。
保育をかえてほしい。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「合理的配慮」の実践 | トップページ | 相談のポイント »

幼児期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/52344275

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園での研修のゆくさき:

« 「合理的配慮」の実践 | トップページ | 相談のポイント »