« 児童相談 | トップページ | 「合理的配慮」の実践 »

大きな流れ

 研修でのポイントです。
現在の障害者に対する施策の動向は、障害者権利条約批准
のための国内法の整理がひとつあります。
それから自立支援法以降の地域生活の保障のための制度的
設計といっていいのだと思います。

障害者基本法が改正され、自立支援法が総合支援法になり、
障害者差別解消法が成立しました。
自立支援法の「自立」は自分でなんでもできるの「自立」であ
って社会モデル・自立生活モデルの掲げる「自立」ではないの
だそうです。
だから、名称もかわったのだと関与した講師が教えてくれました。

 それから我々は「合理的配慮」という言葉を学んでおく必要
があります。その配慮をしてはじめて同じスタートに立てると
いうことです。
鍛錬主義や発達評価の甘さがあると不合理なことをすぐ言って
しまいそうです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 児童相談 | トップページ | 「合理的配慮」の実践 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/52303851

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな流れ:

« 児童相談 | トップページ | 「合理的配慮」の実践 »