« 宮崎駿監督が言った事 | トップページ | ネガティブな感情の広がり »

主訴とニーズ

 夏から受講していた相談支援従事者初任者研修が終わりま
した。
なんだか忙しい研修で、学ばせたい事柄と学ぶ側の構えが噛
み合わなくて苦労しました。

主にサービス利用計画の作成に向かっての方法論を学んだ
のですが、主訴とニーズの違いがわかっていなくてずっと困惑
していました。

主訴:訴えの中で最も主要な課題、困難、症状。クライアント
の言葉で語られ、主観的に最も自覚している課題、困難、症状

ニーズ:クライアントにおける客観的必要性。生活していく上での
基本的必要な要求または課題のこと

デマンド:クライアントの主観的な要求、希望

知ってました?
なんとなく知っているようなつもりでしたがわかってませんでした。
同じ質のことばの違いを明確に確認して行く必要があるのは難し
いです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 宮崎駿監督が言った事 | トップページ | ネガティブな感情の広がり »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/53206782

この記事へのトラックバック一覧です: 主訴とニーズ:

« 宮崎駿監督が言った事 | トップページ | ネガティブな感情の広がり »