« もういいじゃないか。 | トップページ | 心理職の難しさ »

いったい特別支援教育とは何だったのか?

   ある先生の年度末の感想です。
巡回相談やら学校支援をしている先生のことばなのですが、
色々な学校を巡り、スタッフの声をきく中での思いです。 決し
て体制整備が遅れている地域ではありませんが、依然として
特性に沿った支援や配慮がクラスの中でされている訳でもな
く、学級崩壊が過去の話になっている訳でもない現実を踏ま
えて、このつぶやきが出ました。

「学習がわかるのがすべてなんだけどねえ。」
まったくおっしゃる通りです。

ただ、私は特別支援教育はいったい何だったのかとはまだま
だ言いたくありません。
切り開くべき地平はまだあると思います。

 

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« もういいじゃないか。 | トップページ | 心理職の難しさ »

学齢期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/55536225

この記事へのトラックバック一覧です: いったい特別支援教育とは何だったのか?:

« もういいじゃないか。 | トップページ | 心理職の難しさ »