« 疎外 | トップページ | 家事労働 »

逆行

 ある地域の今年の現状です。
こどもたちの居場所が市内全域にあり、療育施設だけに特性
のある子が集まるわけでなく、保育のチャレンジが広がってい
る地域だと思っていました。

療育施設のスタッフと話をすると、そうでもなくなってきているの
だそうです。
行事ができない、行事に乗りにくいというストーリーの中で特に
幼稚園の受け入れが良くなくなっているのだとか。
空きが増えているのに?

私に与えられた役割の中でいくつかお話を改めてしました。
・早期発見早期支援は園の役割であること
・一定のみたてができ、支援が創造できるのがあるべき姿

シジフォスの神話を思い出しました。
でも、シジフォスはあきらめないでまた、重い荷物を担ぎ上げ
ようとするはずです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 疎外 | トップページ | 家事労働 »

幼児期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/57160585

この記事へのトラックバック一覧です: 逆行:

« 疎外 | トップページ | 家事労働 »