« 今度はサービス福祉?-放課後児童デイ時代がもたらすもの | トップページ | 思春期の輝き »

勝負どころ

「切れちゃいけないってわかるんだけど、きれちゃうんだよお!」
「知ってるよ。頑張りたいけど頑張れないの知ってる。」
「コントロールしにくいのはわかるけど、だから仕方ないと思っ
たら違うよね。切れちゃってもいいの?」
「よくない。」
「難しいのはわかるけど、そうならないように自分を変える気が
あるかないかという話だよ。」
「切れちゃいけないのはわかっていて、変えようとしないのは
切れていいと思っているのと同じじゃないの?」

 これはある日のやりとりです。
書き起こすとけっこう切迫したやりとりです。
「特性」「障害」を本人がどう受け止めてどこに向かっていくか
は本当に難しいところです。
jかなり難しいタイプの個です。
すぐ切れる。
切れていいと思っている?やられたらやりかえす?
そんな日々が続いています。

苦しいんだろうなと思いながらとグッと言葉を押し出しました。
こっちも頑張り所なのです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 今度はサービス福祉?-放課後児童デイ時代がもたらすもの | トップページ | 思春期の輝き »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/57463342

この記事へのトラックバック一覧です: 勝負どころ:

« 今度はサービス福祉?-放課後児童デイ時代がもたらすもの | トップページ | 思春期の輝き »