« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

わかっているはず?

 よくいう言い回しです。
「この子わかっているはずだけど、やってくれない。」
やってくれない事実がある一方で、あとからやれたり、知的な
理解の確かさが確認できる他のあらわれがみえたりするのだ
と思うのです。

でも、本当?
本当にわかっているというのはやることじゃありません?
行動の成立があってはじめてわかっていると思うのです。
認知や行動論じゃなくて日々の生活、支援の話ですよ。

となると、やらない奴はわかっていないと思って支援するのが
前提だと思うのです。
わかっているこどもになると、途端に支援の対象でなくなったり
支援レベルが下がる傾向にあります。
わかっているのにやらない=わがままなんて論調が飛び出し
たり…
(わがままであっても支援の対象でそれがぶれるのもどうか
とも思いますが。)

わかっているのにやらない。
そうはいってもあります。
切り替えができない。気乗りしない。全体に知的レベルは高い
けれどマイペース、理解に偏りなど。
それぞれに支援が必要で手だてがあるはず。

「わかっているのに」論の課題は、わかっているの質的分析が
行われない、支援が滞ることです。

行動ではかるべき、行動で理解評価すべきの意味はここにも
あるのかもしれません。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かわってきたのかな?

 10年続いている事例検討会の今月分が終わった後、ある
園長先生がつぶやきました。
「かわってきたねえ。若い人たちが普通に視覚支援を口にす
るもんねえ。」

私もそう思います。
こどもの発達の課題についてベテランは「関係性」だけで解決
しようとします。家族関係、担任との関係云々。
それだけでは足りない。
関係をうけとめるこどもの中の特性についても吟味しなければ
ならないのです。

この回、お話をきけない個の話題になりました。
お話を聞いてもらえる関係性も手だてですが、伝え方・聞く環
境について第一に考えるのがもはや常道だと思います。
仲良くなってもわからないものはわからないし、集中できない
ものはできないはず。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己理解

 高機能の中学生とじっくり話しました。
「自分のこと、面倒くさいやつだと思うんだよねえ。」
「高い声でキーキー言われると反抗しちゃうんだよね。言われ
ているのが正しいってわかるんだけど」
「小さい頃のこと、言われるとイヤなんだよね。昔は暴れちゃっ
てたけど今は話せばわかるのに」
まだまだおつきあいは始まったばかり。
このヒトなかなか多くの課題があります。
けれども、なんだか自分のことをなかなかわかっているこのヒト
のこと、嫌いじゃないなと思いました。
わかっているヒトは変わる可能性がありますよね。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺激

 ちょっと思ったのです。
「刺激」の最たるものが対人刺激だなと。
だからこそ調整が難しい。
外部刺激としてもその対応に対する自己調整としても。

ターゲットとしては定まった。
さてどうしようをどう積み上げていくか。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思春期の輝き

 思春期は難しい、こわい、どうなる?なんて論調が目立つ
気がしますが最近嬉しいことがあったので書きます。

記事にも再三書いたことのある不安の強かったAくん、中学生
になりました。
かわってきました。

知的には決して高くありません。
少し前までは知的学習の導入部で躓いていた印象がありま
した。
けれども、最近は文章を読み取る等という洒落たことができる
ようになりました。

身長が伸びて体がしっかりしてきました。
よく動くのでしょうね。
バレーボールの真似事ができるようになってきたり、長縄とび
に飛び込んでいくような姿も出てきました。
あんなにグズグズしていたのに。
こわいこわいと言っていたのに。
なんだか湧いてくる意欲、動くからだ、達成・成功。

これを輝きと言わずしてなんというのでしょうか。
「発達」を強く意識しました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »