« 訪れた平穏 | トップページ | あるタイプの経過 »

警戒警報

 こどものあらわれを見ていて、「虐待を受けたこどものあら
われはずっと警戒警報が鳴っているようなものだ。」という言
い回しを思い出しました。

不安でずっと、起こった変化や刺激の探索をしている。
ずっと何かを言っている。
繰り返しの確認をしている。

前にも書きましたが私はあっさり付き合うことにしています。
というのも、別で「大丈夫だよ。」はやっているからです。
私は警報に左右されず、事実と求める方向に向かって向き合
います。
泣いても騒いでも求める方向にしか反応しないことにしていま
す。だいぶクールにうつると思います。
巻き込まれていくだろう、他のスタッフを支えるためにも反応性
に反応しないで、こどもに求める感情と行動の方向にのみ向く
ことにしました。
チーム支援というやつです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 訪れた平穏 | トップページ | あるタイプの経過 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/58780757

この記事へのトラックバック一覧です: 警戒警報:

« 訪れた平穏 | トップページ | あるタイプの経過 »