« 2歳代の療育を支えるしくみ | トップページ | なるほど »

推測

 ちょっと前から登場している愛着障害の幼児さん。
最近、いくつかあらわれが。
①てんかん発作がありました。
②なんだか食事前になると情動ゆれること頻発。

 ①でなんだか氷解した部分があります。
この個のイライラや情動のゆれはひょっとしたらてんかん性
のものも大きいのかしらと思ったのです。
たしかクレッチマーなんかがてんかん性性格なんていったの
を思い出しますが、性格は知りませんがイライラが強かったり
情動がゆれやすいのは経験的に理解できます。
そりゃあそうかもしれません。脳内が落ち着いていないはず
ですから。
 ②もなんだか生理的レベル医学的なレベルの推測検討って
必要かなと思っています。
我々も空腹で情動は揺れます。
この個の場合、知的、発達障害・愛着障害・てんかんそれぞれ
の部分で脳機能の脆弱性が疑われるのでごはんまえになると
暴れちゃうはありうることかもしれません。
チョコだが飴だがひとつあげとこうかな。

あくまでも推測でしかありません。
これで支援を組み立てていこうなんて思ったらきっとナンセンス。
けれども、原因の探求を明確にできない所で行動問題に対処
していくためには、目に見える行動要因に焦点化するか、
こういう推測からある種あてずっぽうでも手だてを生み出す
みたいなことも見えてきます。

 あとはこの個、面会をしてから「あかちゃん」遊びとみたてが
ふえています。あかちゃんが生まれたから家族と離れ、自分
もあかちゃんになりたくて…

苦しいなあ、この子。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 2歳代の療育を支えるしくみ | トップページ | なるほど »

幼児期の支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/59431523

この記事へのトラックバック一覧です: 推測:

« 2歳代の療育を支えるしくみ | トップページ | なるほど »