« 命についてちょっと思ったこと | トップページ | ご注文 »

「発達」は希望を見出すまなざし。

 いただいたコメントを受けて思ったことです。

障害=行動問題と捉える思潮があります。
できないことの羅列で育ちを考える傾向もあります。
行動問題の克服が支援ととらえるまなざしも残念ながら蔓延
っています。
(行動療法のいう行動は行動形成のはずです)

そんな中で発達を知ること、発達の構造や段階を知って支援
をしていくことは、問題ではなく前に進みゆくこどもたちの可能
性、ストレングスを探そうという視点です。

明るい方に向かうべき。
光のあたる方に向かうべき。

これは確かなのだと思うのです。
行動への対処におわれるのは確かです。
その消去や変容だけをターゲットにしても堂々巡りです。
個の存在がかわれば行動問題はかわっていきます。
逆を言うと行動問題を産まない、関係と理解を提供したいと
思っています。

5月期、行動問題でゆれるこどもたちの前で。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 命についてちょっと思ったこと | トップページ | ご注文 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/60161350

この記事へのトラックバック一覧です: 「発達」は希望を見出すまなざし。:

« 命についてちょっと思ったこと | トップページ | ご注文 »