« 反抗期がどうなったか。 | トップページ | 「発達」は希望を見出すまなざし。 »

命についてちょっと思ったこと

 動物が好きでいろいろな生き物を飼ってきました。飼ってい
ます。

飼育動物は交配が進み、いろいろな毛並みや色彩の種類が
生まれています。
真っ黒な色のものもたくさんあります。
ちょっと聞いたのですが、動物の種類によっては真っ黒同志
は交配してもこどもができないのだそうです。
致死遺伝子というのと関連しているのだとか。

致死遺伝子
よく知りませんが、生きていけない遺伝って何だろう。

思ったのです。
生きていけない遺伝があるのならば、生きていることはそれ
だけで本当に意味があるのではないか。
ヒトと致死遺伝子に関連があるかはまったく知りませんが、生
まれてこない命や育たない命は我々が思っている以上に多く
そこにあること、いることは本当はすごく稀有なことなのでは
ないか?

いろいろな育ちがあります。
むきあうと疲弊するあらわれがあります。
大人も勝手で無理解でもーやだ。

でも、全部、稀有な命か…

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 反抗期がどうなったか。 | トップページ | 「発達」は希望を見出すまなざし。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/60063935

この記事へのトラックバック一覧です: 命についてちょっと思ったこと:

« 反抗期がどうなったか。 | トップページ | 「発達」は希望を見出すまなざし。 »