« 「自閉性」 | トップページ | 反抗期がどうなったか。 »

反抗期

 反抗期…発達段階の上で、自我が強くなり自己主張や選択
性が強まり自己決定への道のりが深化していく、いくつかの
ステップのことです。

今、ちょうど2人の重度さんが違う2つのステップの反抗期を
迎えて大変やら嬉しいやら。

ひとり2年生は1歳6か月の節目を迎えて、自分でやりたい!
ボクガ!をやっています。
かたいかたい自己主張と意欲で、主張はするがほとんどおり
ありはつきません。まだまだ日本語そう通じないので。
ただすぐに気分はかわるのでこっちもパッと切り口変えられれ
ばこんなに面白いヒトはいないのです。
嬉しいのです。生活の主人公。

もうひとりは中学生。
とにかく不安が強かったあいつが威張るのです。
生意気な口を利くのです。
そのことは嬉しくてたまらんのです。
もっともっと反抗して!なんて思うのです。
先日は「遠足どうだった?」と聞いたら「別に!」

こどもがいうこと聞かなくて嬉しいなんてだいぶ枯れてきました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「自閉性」 | トップページ | 反抗期がどうなったか。 »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/59845776

この記事へのトラックバック一覧です: 反抗期:

« 「自閉性」 | トップページ | 反抗期がどうなったか。 »