« やってみるもんです。 | トップページ | ありがたい。 »

ちょっとした幸せ

 昨日月曜日、出勤すると机の上に何やら絵がおいてありま
す。
どうやら私の似顔絵で、「かっこいいよ。」とのたくった文字。
父の日ということで描いてくれたのだそうです。
描いた主は、先日の記事で登場した反抗期の中学生、重度
さん。

描けといわれた風でもないので自分で描いてくれたのでしょう。
天涯孤独の彼からすれば私は父さんのようなものかもしれま
せん。
実際、幼い頃から施設に居る彼と安全な愛着をつくることに私
は腐心してきました。
不安でいつも泣いていた彼。
先日も筆箱忘れて泣いて帰ってきました。
「弱虫」とは彼のためにある言葉です。
でも、いいのです。
そりゃ、弱虫にもなるさというような育ちの中でしっかりしろ、泣
くななんて言ったことはありません。
泣いちゃう弱さを肯定する。
そして、訪れた反抗期。
筆箱忘れて泣いて帰ってきたと囃したらキックされました(笑)
次の朝、「筆箱!」と声かけたら必死の確認。
そして、父の日の手紙

嬉しい。

この一事をもってさらに私はこの個をこれからも慈しんで
いくのだと思います。
安全な愛着ができたなんて大それたことは言いません。
ただ、父の日に思い浮かぶヒトができたこと。
彼にとってそれは心の杖になることもあるでしょう。
彼にとってよかったです。

この所毎日のようにのぞいているブログの結語
「明日もきっといいであります。」
を思い出しました。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« やってみるもんです。 | トップページ | ありがたい。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/60479917

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした幸せ:

« やってみるもんです。 | トップページ | ありがたい。 »