« それでも前に向かう。 | トップページ | ちょっとした幸せ »

やってみるもんです。

 球技大会をやってみました。
重度さんも発達障害も愛着に課題をもつこどもも混成のキック
ベースです。
まあ、地獄の組み合わせですね。

大人は面白がっています。
どうにかしちゃおうと思っています。
私は「勝った方に賞だすよ。」とたきつけてみました。

めちゃくちゃです。
できる、わかるヒトたちはだいぶ引きうけなければなりません。
役割が変わる、順番に、状況をみて動くなんてことできないヒト
ばかりです。
途中でどっかにいっちゃっているヒト数名。
一方、案外当てるのうまい重度さん。
ヒートアップしているヒトの半面、闘争心等なくておっとり参加
多数。チームの差もあります。
大きく、得点差!

案の上、もめはじました。
重度さんが援助されているのに切れたヒト1名。
外に出ました。
大人が励ましていますがどうなることやら…
しばし、時間がたって少し落ち着いています。
原因になった重度さんが泣いているその個の姿だけみて、
かわいそうにとなでなで。結果和解しています。

賞に反応して一番むきになっていた年長児。
発達障害児です。
なんと空気を呼んで、エラー数度。
負けてる方も大人がちょっと入ったりで追いかけ始めて
3点差まで追い上げてゲームセット。
なんだかハッピーエンドで終わりました。

なお、よかったのは、このハッピーエンドを迎えたのは
年長児の調整であることをみんなが知っていて、勝った方も
負けた方もそのことをはっきり口に出してよかった、よかった
と言っているのです。

私は喜んで帰り道に賞品買いました。
やってみるもんです。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« それでも前に向かう。 | トップページ | ちょっとした幸せ »

支援の手がかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/60418050

この記事へのトラックバック一覧です: やってみるもんです。:

« それでも前に向かう。 | トップページ | ちょっとした幸せ »