« 「発達」と「方針」 | トップページ | ちょっとの違いはおおきな違い »

IQという基準のこと

 支援の場を、生活の場を、学びの場を定める基準にIQが使
われることは少なくありません。

ただ、発達障害時代にあってIQが必ずしも育ちの全体像を示
す訳でもない場面も出てきて苦慮します。
数値と困難の質がリンクしていないのです。
・IQの割に…
・IQ高すぎるから…
おかしな言い回しなのですが。

IQにとらわれずにという視点は確かにあります。
こどもの現状や課題をみようねと。

でも、難しいのは進路や居場所の問題として基準を設けて
いかないとどんどん分離の場にこどもたちが投げ込まれる
可能性もある。
例えばIQ80

早く援助度別の支援にならないかなと思います。
一方で、それはそれでインクルーシブから離れてしまう危惧
もある。

ランキングに参加しています。よかったらクリックを

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へにほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ

|

« 「発達」と「方針」 | トップページ | ちょっとの違いはおおきな違い »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218808/61787801

この記事へのトラックバック一覧です: IQという基準のこと:

« 「発達」と「方針」 | トップページ | ちょっとの違いはおおきな違い »